Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
ここ最近のウォークスルーバン
さて、独立開業のレポートがひと段落しましたので、何時ものカーキチ日記に戻ります。(笑)
今回はここ最近のウォークスルーバンについて。

T-1(黄色い’75ビートル)は相変わらず不動状態なので、ここ数年ウォークスルーバンにはファーストカーとして頑張って貰っています。 有り難い事に、独立開業に向けて忙しい間は殆どノントラブルで働いてくれました。
もちろんコツコツ直して調子を整えてあったからなのですが、開業前の数ヶ月間は本当に乗りっ放しでしたから、これは本当に助かりました。

独立開業しまして、時間だけは(笑)自分の自由に使える身分になりましたので、ウォークスルーバンも後回しになっていた作業などを仕事の合間にやっています。

10年位は使えました。
まず最初に、ミラパルコに新品で取り付けて以来ずっと使い回しだったミッションマウントが寿命を迎えたので交換しました。
ゴムの弾力でミッションを浮かせて振動を逃がす構造ですが、ゴムが切れて着地してしまっていました。
ここのマウントだけは中途半端に現代的な構造なのでエンジンマウントより大分ヘタリが早いですが、それでも10年使えましたから弱点と言う程では無いですね。

ワーゲン用です。 簡単には付きません。 レア商品? ウインクミラー専用サンバイザー。
続いては「お遊び」でド派手なペダルラバーと、レア物?のウインクミラー用バイザーを装着。

このピンク色のペダルラバーは、見ての通りワーゲン用のアクセサリーです。
自分のT-1にコレはNGですが、ウォークスルーバンにはOKなのです。 この感覚、判って頂けますか?
すんなり付いている様に見えますが、いざ付けようと思ったらペダル踏面のサイズがワーゲンよりかなり小さく薄いので簡単に外れてしまい使えずに暫く放置になってしまい、買って1年くらい経ってやっと取り付ける事が出来ました。
ミラ用のペダルラバーを地道に削って踏面をワーゲンサイズに変換するアダプターを作り、それにこのペダルラバーを被せる事で運転してもズレたり外れたりしない様にしました。
買ってしまったので意地で頑張って付けましたが、こんなに面倒だと判っていたら買わなかったかも。(笑)

珍しいウインクミラー用のバイザーもワーゲンの部品屋さんで買った物で、倉庫整理で出てきたデッドストック品だそうです。
アメリカンな作りなので現物合わせでバイザー部分に穴開けが必要だったり、これも思いの外に面倒でした。(笑)


その後はポイントギャップの狂いやキャブの汚れで多少調子が崩れる事は有りつつも軽いメンテナンスで乗れていましたが、先日買出しに行こうと乗り込んだら、雨上がりでもないのに足元のマットが濡れていました。
よく見るとヒーターユニットの下から水が滴っています。 遂にヒーターコアがパンクした様です。

このブログを初期からご覧頂いている奇特な方(失礼)なら思い出すかもしれませんが、このヒーターは車を入手した時点で汚れが詰まって暖まらない状態でした。
今まで外す事もなく水を流し込んで清掃しただけで使い続けていましたから、あれから約8年も良く持ち応えてくれたと思うべきですし、出先で漏れ出さなかったのも幸運ですね。
しかも今まで部品取りしたL70達のストックが有りますから、直ぐ交換作業に取りかかれます。(笑)

ヒーターユニット取外し完了。
唯一の足車がこんな状態では業務にも支障が出かねませんし、幸い工場も場所が開けられたので、急遽ウォークスルーバンを工場に入れてヒーターユニット交換を開始しました。 (買出しは近所なので、ヒーター下に雑巾を敷いて行って来ました笑)

ベース車のミラよりダッシュボードの位置が高い事もあり、邪魔になるセンターの噴出し口やラジオ、ヒーターコントロールパネルを外す事で、ダッシュ自体は外さずにヒーターユニットを取り出す事が出来ました。

ヒーターコアの漏れ点検OK。
予備のヒーターユニットは念の為に分解して、ヒーターコアの漏れ点検と洗浄をしてから取り付けました。
横着してそのまま付けて、いきなり漏れてしまったらガッカリですし、やり直しでは点検して付けるよりタイムロスですからね。

修理完了! これらも外したついでに交換。
と言う訳で、午後から始めましたが何とか当日の終業時間ギリギリで修理完了する事が出来ました。
外したついでに、前から気になっていたチューニングノブの折れたラジオと、日焼けの目立つヒーターコントロールパネルも元より程度の良い予備に交換し、錆の目立っていたヒーター周りの金具も黒くペイントしてから組みました。
作業時間の1/3位をその辺の「美化」作業に要した気がしなくも無いですが、まぁ、誰にも怒られないから良いのです!(笑



関連記事
開店準備 工場編 その4
garage After You は、先月末で開店から半年が経ちました。
これもご理解・ご協力頂いた皆様のお陰です。 本当にありがとうございます!

・・・さて、半年も前の事ですから、いい加減で開店準備ネタは今回で終わりにしましょう。(笑

この工場で整備の仕事をやる上で一番問題だったのが、電柱から電気を引いておらず、整備スペースに照明が一つも無い事でした。
経費節減と楽しみも兼ねて、なるべく自分の手で準備を進めてはいましたが、流石に電柱から電線を引き込む作業はプロに頼まなければなりませんので、開店時期がハッキリする前から下調べして準備を進めていました。

VW絡みで知り合いのテツオさんが電気工事士で、R'sでも度々お世話になっていましたので、無理なく出来る作業は自分でやる方向で相談した結果、ブレーカーを固定する板の製作・取付けと、電柱からの引込み線を受ける鉄柱を差し込む地面の穴掘りまで自分が作業し、後はテツオさんと東電に任せる段取りになりました。

ブレーカーの取付け台が完成。
まずは、余り物のコンパネをカットしてニスで仕上げ、工場の梁に板を受ける鉄骨を溶接で追加し板を固定、ブレーカーの取付け台としました。
もちろん位置や寸法は事前にテツオさんと打ち合わせ済み。

通称「抱きスコップ」で深さ1mほど掘ります。
続いて電柱からの引込み線を受ける鉄柱を地面に差し込む為の穴を掘ります。
立地の都合で電線が道路を跨ぐので電線に4m以上の高さが必要なのですが、道路ギリギリに建つ工場がそれより低いので、高さ4m以上の鉄柱を設置して、そこへ電線を受ける必要が有ると言う訳です。

穴の深さは1m以上必要なので、普通のスコップでは穴が大きくなり過ぎますし作業も大変過ぎますので、穴掘り専用の「抱きスコップ」なる専用器具を用意しました。
掘り始めは石が出て来てしまい先が思いやられましたが、更に掘ったら石は無くなり、意外とすんなり1mまで掘る事が出来ました。専用の道具は偉大です!(笑)

テツオさん以外はボランティアです。<(_ _)>
ここから先はテツオさんと東電の仕事です。
テツオさんに出張して貰い、鉄柱とブレーカーの設置工事をして頂きました。

鉄柱を立てる作業はテツオさん一人では無理なのですが、生憎テツオさんが都合の付く日に自分は仕事だったので、柊さんがボランティアに駆り出されて来て下さいました。<(_ _)>
噂を聞きつけたクルーさんも手伝い(見物?)に。(笑)
この日、自分は朝一の打ち合わせだけ顔を出し、後はテツオさん達に任せてR'sへ出勤しました。

脇に写っている黄色いビートルはAfter You最初の仕事となった「とうふパパ」の整備待ち車両。
この時既に、R'sからAfter Youへ移行する日程は確定しており、R'sから引き継ぐ事になった預かり車両数台をAfter Youへ移動した直後で、電気の開通が先か、After Youが始まるのが先か微妙なタイミングでした。

電柱と繋がりました♪ ブレーカーが付いて通電しました!
そして後日、東電の工事と検査が入り、ブレーカーまでの通電はAfter Youへの移行前に完了しました!

その後間も無く、R'sでの最後の仕事が仕上がると同時にAfter Youに引越しをして、R'sとの別れに感傷的になる暇も殆ど無いまま、この工場での日々をスタートする事となりました・・・。

器具を二個イチしてLED化。
電気は開通しましたが照明が無くては夜間の作業が出来ませんから、整備の仕事を始める前に照明を取り付ける事が絶対に必要でした。
焦っていい加減な工事で早く仕上げても、後でやり直しになっては却って時間の無駄になりますので、一刻も早く仕事を始めたい気持ちを抑え、一週間近くかけて出来るだけ満足出来る様に工夫しながら取付け工事を行いました。

照明器具は事前に蛍光灯器具の未使用品を格安で調達してあり、それをそのまま使う予定でしたが、何と同級生が職場で大量廃棄になった蛍光灯タイプのLED照明器具を大量に届けてくれたので、LEDと専用安定器を用意してあった器具に移植し、渋い工場はLED照明で稼動を始める事になりました。(笑)

明るい! これなら夜でも大丈夫!
そして遂に工事完了!
照明は全て、天井近くの壁際に斜め下を向けて取付けました。
天井へ均等に並べる一般的な取付けでは、結局手元が暗くて作業灯の補助が必要ですから。


こうして遂に、garage After You がスタートしました。
堀越モータースへ10年、R'sへは8年勤め、その当時は何となく「もし出来たらいいな」程度のボンヤリとしたイメージしか無かった「自分の小さな整備工場」が実現しました。

文面からも伝わるかと思いますが、R'sを止む無い形で去るのは悲しく切なく、でも自分の店が始まる事は嬉しく、独立する不安はとてつもなく大きく、とても複雑な心境の中で進めていた開店準備でした。

R's代表の堀さんと知り合う事が無ければ、仕事を頂ける沢山のワーゲン仲間の輪は無く、車を任せて頂けるだけの技術・ノウハウも身に付かず、自分でやってみようと思える度胸も付かず、独立出来る日は来なかったでしょう。

堀さん、大変お世話になり、ありがとうございました。

関連記事
開店準備 工場編 その3
まだ開店準備編が続きます。(笑
今回は工場入り口付近の床の修正について。

ノーマル車高でも心配な凄い段差!
これは工場を借り受ける前に撮影した画像ですが、矢印を書き込んだ所の工場床面が道路から15cm位高く、しかもその高さで道路の舗装から20cm位の所まで迫っている為に、更にコンクリートを盛り足して急傾斜なスロープ状にしてありました。
その為、スロープ部分が舗装の上まで迫り出しており、この狭い角を曲がって行くご近所の車が、大概これに「ドカン!」と乗り上げるので、工場で作業していて気になりますし心苦しいのです。(笑

また、仕事での車両出し入れにもタイヤがここを通過する事が多いのは確実で、こんなに酷い段差ではノーマル車高のワーゲンでもヒヤヒヤしますし、まして車高を下げたキャルルックなどとても無理!

これを解決するには、工場の床を角へ向かって斜めに削り取るしか方法がありませんが、相手はコンクリートですから、ある程度までは破砕して取り除かないと埒が明かないでしょう。

まずは急勾配のスロープ部分を破砕。
…という事で、某オークションで大型の電動コンクリートハンマーを格安で調達しました。(笑
まずはテストと練習を兼ねて、完全に破砕して良いスロープ部分を砕いて見た所、ハンマーは快調で威力も程良い感じ。
この日は同級生が手伝いに来てくれて、欠片を運び出してくれました。

届いたコンクリートハンマーを見た時は「大き過ぎたか?」と思いましたが、使ってみたらこれでも結構コンクリートは手強くて、小型の物やエアチゼルでは相手になりませんでしたね。

少しずつ砕いてなだらかに・・・
次の週からは、朝から気合を入れて床部分を砕きました。
この頃はまだ勤めていましたから、作業が出来るのは定休日の週一日だけ、実質休み無しの日々でしたね。(笑
削るのが広範囲過ぎると、狭い工場の作業出来る範囲が更に狭くなってしまいますし仕上げるのも大変過ぎるので、傾斜との妥協点を探してラインを引き、そこまでを道路の端に向かって一直線に削る事にしました。

平たい刃先にチェンジ。 だいぶ良くなりました!
大まかに砕いた所で平たい刃先にチェンジして、出来るだけ凹凸が無くなる様に進めました。

ダイアモンドディスクで綺麗に。
そして最後はディスクサンダーに石材用のダイアモンドディスクを取り付け、平滑に研磨して仕上げました!

…と言いたい所ですが、完全に仕上がる前に開店してしまい作業時間が取れず、アウトラインをしっかり決めた程度でそのまま現在に至ります。(苦笑

関連記事
開店準備 工場編 その2
前回で鉄を切った貼った出来る所まで準備が出来た工場ですが、ここには車屋に有って当たり前の設備が有りませんでした。
そう、タイヤチェンジャーとホイールバランサーです。

上等な物は必要ありませんが、低グレード品でも新品は手が出ませんし、かと言ってアジア製の安物に手を出して失敗したら目もあてられません。
ネットオークション等で安く買えたとしても、大きく重い物なので輸送の問題も有ります。
丁度良い出物が見つかるまでは、昔勤めていた町内の「堀越モータース」に持ち込んでお願いするか、・・・などと考えていたら思い出しました!

かつて堀越モータースに勤めていた時に新しいチェンジャーとバランサーが導入され、古い機械は予備的に移設したものの殆ど使っていませんでした。
あの古いチェンジャー/バランサーがまだ有れば譲って貰えるかもしれない! でもあれから8年近く経っていますから・・・


自動車保険の更新等、時々顔を出す事が有るのでその時に工場を覗いてみたら、まだ有りました!
生憎その時は会長(自分が勤めていた時の社長)が不在だったので、譲って欲しい旨の伝言をお願いして帰りました。

翌日の朝に会長から電話が入り、「お前が独立すると聞いていたから、使うだろうと思って捨てずに取って置いたのさ。 具合が悪いけど直して使うのなら無料でいいよ。」との事! それはもう、嬉しくて感無量でした・・・
しかも運べない事を察して軽トラに積んで届けて頂けるとの事で、早速段取りを決めて運搬の手伝いに出掛けました!

積込みのお手伝い。
レッカー車のクレーンで吊り上げて軽トラに積込みました。
釣り上げる段取りや押して動かす力仕事は自分が作業して、クレーンは会長が操作。
もう堀越モータースを退職して8年くらい経ちますが、叱られながら仕事をしていた昔の感覚が蘇りました。(笑

After Youの工場まで自分が運転し、建物に備え付けのチェーンブロックで下ろしました。
その時も感謝の気持ちは言葉でしつこい位に伝えたつもりですが、会長、本当にありがとうございました!

エア漏れの修理。
運良く入手出来たチェンジャーですが、エア漏れが酷くなってお蔵入りした物ですので修理が必要です。
ターンテーブルのホイールチャックにエアを送る配管が刺さる樹脂部分にクラックが入り大量にエア漏れしていたので、ココは接着剤で補修してバッチリ直りましたが、問題はビードブレーカー。エア漏れが酷くて殆ど動かず使い物にならない状態です。

ビードブレーカーが動かないので分解。
構造を知らなかったので、もしゴム風船の様な物を使っていて破れていたら代用品を探すのが厄介だし、有っても高価だろうと思っていましたが、開けてみたらピストン式でシールのゴムリングが劣化しているだけでした。

工業用のシールで代用出来ました!
幸いに工業用エアシリンダーのシールに断面形状がピッタリの物が見つかり、周長を切り詰めるだけで使えました。
ターンテーブルを駆動するベルトも工業用を使って交換し、正常な作動が復活しました!
昔自分が使い込んだ機械が縁有って自分の始める店にやって来た事に、感慨深い心持ちになりました…。

設置完了!
修理と並行して設置場所の準備も行っていました。
工場の柱に溶接で取り付けられた収納棚とテーブルを酸素で切断して撤去し、スペースを確保した所に二つの機械を設置。
正面に有る青い簡易流し台は後に小細工して部品洗浄台にしましたが、なかなか使い勝手が良いです。(笑

とにかく予算が無いので手間と知恵で勝負です。
出来合いの物を買って済ませるより愛着が湧きますし、こう言う事が好きなので楽しみながら準備していました。(笑



関連記事
開店準備 工場編 その1
開店準備、今回から工場の準備です。

借りた工場は鈑金修理がメインだったので、整備工場として使うには不要な物、足りない物が多々あります。
とは言え、こう言う事は実際に使ってみないと気付けない事が沢山ありますので、工場を眺めただけでいきなり完成形の設備レイアウトを決めるのは無理です。
なので、この時点で明確な開店時期が未定だった事もあり、まずはこの工場を自分の趣味で使ってみて、不要な物を整理しつつ足りない設備・修正の必要な部分を洗い出し、使い易いレイアウトを考える事にしました。

まずは実家の車庫に眠っている自分のT-1を復活させる為の作業をしようと思いましたが、エンジンの付いていない不動車を工場に入れてしまうと何かと開店準備の邪魔になってしまいますので(苦笑)、搭載しようと入手してあった中古エンジンの始動テストを行う為の「エンジンテストスタンド」を作る事にしました。

仕事道具になりますから開店準備の一環にもなりますし、工場に備わっている鉄工工具、設備のテスト・整備も同時に出来ますからね。

エンジンテストスタンドを作ってみます。

ミッションケースは不要部分を切断。 ここまで出来た時点で中断しています。(苦笑
まずは工場に有るホイストでエンジンを釣り上げて、使い易くコンパクトな寸法を検証して簡単な図面を書き、必要な材料を調達。
制作は工場のエンジン発電機(笑)・切断機・溶接器等を点検、メンテナンスして使える状態にする事から始まりましたので、下準備にかなり時間がかかりました。

開店前までは発電機のお世話になりました。
工場の100V・200V三相の電源は全てこのディーゼルエンジン発電機でした。
音が煩く排ガスが臭いので近所迷惑ですし、仕事となるとエンジンをいちいち始動したり止めたりなどやっていられませんので(笑)開店までに電柱から電力を引かねばなりませんが、200V三相(動力)の電力は基本料金が高く趣味レベルで契約するのは無理が有りますので、開店まではこの発電機のお世話になる事で経費を抑え、他にお金を使う事が出来ました。

結局エンジンテストスタンドはフレームが大体出来上がった頃から開店準備が本格化して趣味どころではなくなってしまい、未完成なまま工場の隅に追いやられています。(苦笑


関連記事
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。