Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
VWエンジン製作 ~下ごしらえ編4~
前回、ガタの多すぎるエキゾースト側のバルブガイドをよく確認せずに抜き取った所、
特注サイズで市販品では交換部品が調達出来ない事が判明しました。

内燃機屋さんに頼んで作ってもらう事も考えましたが、
せっかくR'sに旋盤があるので、旋盤修行も兼ねてダメ元で自作を試みる事にしました!
まずは材料の調達から。ベリリウム銅がチューニング用としては良く用いられる様ですが、
価格を調べた所、失敗してゴミになったらとても笑えないお値段だったので却下(笑
結局、りん青銅で作ってみる事にしました。

できるかな?
まずキリで穴を開けてから外径を削り出します。
100分の1ミリ単位での精度が必要なのですが、旋盤で削っただけでは
どうしても先端に行くほど径が太くなってしまうので、
最後はペーパーで擦って均一な径に仕上げました。

出来た♪
何とかカタチになりました♪
自作ガイドは穴を市販品より小さく開けたので、ガイドをヘッドに打ち込む
市販の専用工具は太さが合わずに使えない為、ついでにコレも旋盤で作りました。

コンロで炙って~
さて、初めてのガイドの打ち込みです。
コンロでヘッドを炙り、ガイドの入る穴が広がった所を見計らって打ち込みます。
抜き取り時にキツかった箇所のガイド径を小さめに作った所、緩くなってしまい失敗(汗
一本作り直しになりましたが、無事に打ち込み完了しました。

リーマーで内径の仕上げ
続いてリーマーで内径の仕上げ。
キリで開けた穴なので内面の仕上がりが荒くなっていましたが、
小さめな内径で仕上げてリーマーの切り代を多く取ったので、
丁度良い内径に仕上がる頃にはすっかりキレイになりました♪

全然閉まってない(笑
ガイドを交換したので当然ではありますが、バルブの位置が微妙にズレるので、
シートの当たりはご覧の有様。要シートカットです。

シートカットもやってみよう♪
ここまでやったからには、当然シートカットも自分でやります。
簡易的な工具なので仕上がりはそれなりですが、
自分のヘッドなら許せる程度の当たりは出たので良しとしました。


初めて行う作業の連続でかなり時間がかかりましたが、やれば出来るもんですね!
もっとも、材料費の無駄が出たし、ロングシャンクのキリなども買ったので
費用的にはお世辞にも安上がりとは言えない結果になりましたが・・・(苦笑
まぁ、良い勉強になったので結果オーライと言う事で!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
おぉぉぉっぉ~~
100分の1ミリ単位での精度が必要なモノを自作で試みちゃうなんて...
すげっ~すぅ
失敗が1本だけというのも、スゴイし
シートカットもやっちゃったなんて☆

『無いものは造っちゃえ』っていうスタンス
ワタシの師匠さんに良く似てます(笑)

工作機械があるというのは良いものですね~
買えないけど(汗)

ついにビックバルブですねぇ~
2009/02/26(木) 21:00:43 | URL | 柊[hiiragi] #-[ 編集]
お褒めの言葉、
ありがとうございます♪

道具と「きっと出来る」と言う信念(笑)さえあれば、
後は練習次第で何とかなりますよ。
ガイドの削り出し行程は安いアルミ棒で何回か練習して、
コツや手順を把握してから臨みました♪

何しろ材料代が馬鹿にならなかったので(笑

前回のノーマル+αエンジンと比べて、
どの程度速くなるか楽しみです♪
2009/02/27(金) 09:39:45 | URL | Yazzi #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。