Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
Y's-CUP Rond22 ~当日編~
さてレース当日。
R’sに4時集合だったのですが、起きたら3時55分!(滝汗)
大急ぎで支度してウォークスルーでR’sへ。
4時10分頃到着・・・あ~ゴメンナサイ!!(苦笑

一緒に行く予定のウッシーは、「途中から合流します」
と相変わらずのマイペースな連絡が入ったので、
HolicさんのT-1を積んだ積載車に自分とHolicさん、
クルーさんのT-1にクルーさんとMachine君の二台で出発。

出てすぐに自分が携帯をウォークスルーに忘れた事に気付き引き返し、再度出発・・・(汗
前橋の市街地まで差し掛かった所で、今度はまんぞうさんに頼まれた
ジェット一式を忘れている事に気付き、店から大分離れてしまったので
クルーさん号を先に行かせて再度引き返し・・・
追い付くべくHolicさんがハイペースで積車を走らせましたが、
結局追い付いたのは筑波サーキットのチョイ手前でした。

サーキット入りしたら、まずは持ち込んだテントの設営・・・
作業中に、そう言えば自分は1耐に出るんだったな!(笑)
と思い出し、設営完了後に1耐ピットの方へ移動。
自分の車を出さない気楽さと、4耐を経験した慣れからか、
全く緊張感が無くエントリーした事すら忘れかけてました(爆

そんなこんなで耐久クラスのフリー走行時間に。
直前に打ち合わせて、フリーの一本目に自分が走る事になりました。
メットとグローブを着けたら、やや緊張感が(苦笑)
我ながら緊張感が無さ過ぎ!ちょっと自分に呆れつつコースイン(爆

ドライ路面のサーキットでウッシー号を走らせるのは初めてでしたが、
中々気持ちよく走れました♪
筑波1000は、1コーナーを加速しながら上手く旋回出来ると快感です♪
何台かパスしたので、けっこうイケてる走りのつもりでしたが、
戻ってタイムを聞いたら50秒位との事でガッカリ・・・
こりゃ日頃から練習しないと勝負になりませんね!!

その後、ウッシーがAクラスフリー走行、リキさんが耐久フリー2本目、
と順調に走行を重ね、次はWESTさんが耐久の予選に出走!
さすがWESTさん、Aクラス常勝の見竹さんを突付き回してます!当然タイムも速い!
・・・と喜んで見ていたら、マシンの排気音に異変が・・・
どうやら1気筒か二気筒死んでる様子・・・

予選が終わり、次はAクラスの予選なので、大慌てでWESTさんから
ウッシーにドライバーチェンジしましたが、明らかにエンジンが不調なので
「エンジンが調子悪いから、このまま行ったら壊れるかも!」と制止。
R'sブース?にマシンを移動させ確認した所、3番と4番に火が入っていない!
Holicさんの指示で、すぐさまそちら側のバルブカバーを外したら・・・

なんと!4番排気のリテーナーが真っ二つに割れてました(滝汗
コッターも外れてポロリと落ちて来て、しばし唖然。

それを見ていた大臣さんが、筑波から最寄のIWASA BROS’さんに
電話を入れて、補修部品の都合を付けてくれました!
そしてWESTさんのお兄さんがその部品を取り行ってくれて、
何と30分そこそこで補修用パーツが揃ったのでした!
大臣さん、IWASA BROS’さん、WESTさんのお兄さん、有難うございました!!!

一方、ウッシー号のトラブルシューティングですが、
ロッカーアームを外し、4番排気のスプリングを外した所、
バルブの動きが異常に渋くて動きません。
状況からして、3番、4番共にバルブがピストンにヒットして曲がったと判断・・・。
自分はその時点で、「部品を換えてもパワーは戻らないし、
無理に走らせるとエンジン全損の恐れもあるから、リタイヤが無難」
とウッシーに伝えたのですが、Holicさんはまだまだ諦めません!
何とかバルブが閉まる様にならないか、何とか走らせてやれないか、
思い付く事は全て試してみよう!と言う強い意気込みで修復を試み続けます。

結果的には修復ならず、これ以上のダメージは避けるべきとの判断で
泣く泣くリタイヤとなりましたが、諦めずに手を尽くすHolicさんの姿勢、
自分も見習いたいと思いました。

残念ながらリタイヤが確定してしまったので、その後は気持ちを切り替えて
観戦や他の仲間のお手伝いなどでレースを楽しみました。

今回は、処刑エンジンを借り受け、Dクラスへクラスアップして参加の
緑川選手が、Dクラス常連のレース専用車両たちをナンバー付き車両で
引き離してブッチギリの優勝と言う大波乱?がありました。
当然レース自体も面白かったですが、同じくDクラスを走っていた
Y'sの主催者Satoさんが、ブッチギられた悔しさからレースを継続する
モチベーションが高まって、Y’sをずっと続ける宣言をするという、
大変嬉しい副産物がありました♪
自分的には、これが今回のレースで一番嬉しかった出来事でしたね!

お疲れ様でした~


関連記事
コメント
この記事へのコメント
せっかく取りに帰ってもらったジェット一式なのに、その頼んだ張本人は出走せず…
今度はもっと早く連絡入れます、ホントすんませんm(_ _)m
2008/11/22(土) 23:49:38 | URL | まんぞう #-[ 編集]
いえいえ
状況が状況だけに仕方ないですよ~。
忘れて出発しなければ取りに戻る事も無かったんだし(笑)

しかし、スタッド折れが頻発してますね~(汗
絶対何かあるはず…
2008/11/23(日) 13:04:40 | URL | Yazzi #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。