Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
200708<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
Tea BREAK '16
先月11月20日に、静岡で行われたワーゲンのイベント「Tea BREAK '16」へ行って来ました。

最近は近場のイベントしか行っていない自分がなぜ静岡まで行ったかと言いますと、
自分が昨年After Youを開業した際、電話やメッセージで色々とアドバイスを頂き勇気付けてくれた方がおりまして、
それがこのイベントを主催している方だったので、直接会ってご挨拶したかったのです。
昨年は余りにも店がバタバタしていて行く事が叶わず、そう言う意味で今年は去年より大変でしたが(笑)、
何とかイベント前に移転の騒動が落ち着いたので行く事が出来ました。

そんな訳で今回が初めての参加でしたが、行くとは決めていたものの直前まで会場の場所を確認しておらず、
調べたら会場は静岡でも西の方、群馬からだと富士山の向こう側で片道300Km以上。
積極的にイベント参加されている方ならどうって事ない距離だろうと思いますが、
自分は一人で運転して日帰りしたらけっこう疲れました。(笑

 これで行って来ました。(笑 
乗って行けるワーゲンが無いので、ウォークスルーバンで行って来ました。(笑
乗用車ベースの車で整備もちゃんとしてありますから下手なワーゲンより快適ですが、
高速道路はフルスロットルで90Km/h巡行がやっと、登り勾配ではシフトダウンして
必死に車速低下を防ぐ運転を強いられるので、それも疲れの言い訳と言う事で。

エントリーしない(出来ない笑)とは言え乗りっぱなしのカサカサボディーで恥ずかしいので、
仕事をサボってボディーを磨いたらイベント前日に雨が降り、汚さない様に工場に仕舞って帰る羽目に。
隣の車が写り込んでますが、こんな事は乗り始めて以来初めてです。(笑

 着くなり店番。(笑 
車が100Km/h出ない(笑)事、朝食でS/Aへ寄った事もあり、ナビでは3時間ちょっと位の所要時間の所を4時間以上かけて到着。
運転で疲れたので、まずは落ち合う約束をしていたミドリヤオートのダイチャンのブースを探し、休憩しながら店番です。

  いい天気♪ 
落ち着いた所でダイチャンと(ブースはほったらかしで笑)会場へ繰り出し、
会いたかった主催者の「あきおさん」にも引き合わせて貰えました。
イメージ通り面倒見の良い兄貴と言う印象で、素直に会えて嬉かったです。
主催でお忙しい中でしたが、合間を見てそこそこ話し込む事が出来ました。
用意して行ったお土産も渡す事が出来、これで今回メインの目的は達成!(笑

個人的には、このビートルが一等賞!? 
最近はイベントに行く時、某SNS上でコメントのやりとりをしている
会った事の無い友人を見つけ、会う事を楽しみにしています。
参加される事が判っていても会えない(気付けない)まま終わる方も少なくないですが、
今回は静岡が地元のこの車のオーナーさんとお会いし、じっくり話す事が出来ました。

ホワイトリボンタイヤ、と思いきや・・・ 
この方、車をおもちゃに見立てた様な楽しい小ネタを仕込んで来るのがお約束で、
今回の新ネタ? はこちら。ビニールテープでホワイトリボンを再現!(笑
長持ちするなら真似したい位に素晴らしい仕上がりですが、
貼ったまま会場まで走ったら、剥がれかけていたので慌てて修正したとの事でした。(笑

「裏」Tea BREAK。 
これも良い感じ。 
こちらはイベント本部の脇に集まっていた、主催スタッフその仲間の乗り物たち。
「裏」Tea BREAKと称して古いスクーター等が集まっていました。
やっぱりワーゲン以外でも、こんな古い乗り物がいいですね。
…正直な所、エントリーしていたワーゲン達は殆んど撮影しませんでした。(苦笑

帰りは新東名で50Km!?の事故渋滞に巻き込まれ散々でしたが(笑)、
それでも行って良かったです。
今後も仲間に会う事を目的に(笑)、ワーゲン屋である事にはとらわれず
イベント参加を楽しんで行きたいと思う今日この頃です。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。