Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
事務所の快適化計画
今回は開店からコツコツと整えて来た、After Youの事務所についてです。

イナバ物置が建物の一部になっています。 事務机は元から有りました。
上の画像は、工場を借り受ける前の下見で撮った、現在事務所(兼部品庫)として使っている場所です。
はい。イナバ物置なんです。(笑)

After Youを始める上で悩みの一つだったのが、事務仕事や接客対応を行う為の「部屋」をどう確保するか、でした。
工場は元々車庫として作られた建物を改築した物なので気密性が悪く、唯一そこそこの気密が期待出来るスペースがこの物置だったので、半ば成り行きで元々置いて有った机の周りを片付け事務仕事が出来る様にする所から事務所作りが始まりました。

開店直後。必要最低限だけ整理して…。
こちらは開店直後の様子。机の脇にエンジンコンプレッサー。(笑)
大家さんに机の中身を空にして貰って、数少ないコンセントから延長コードで電源を引いてPCや書類を置いただけ。
固定電話やネット回線も無く、電話はスマホだけ、ネットはスマホのテザリングで。
この状態から少しづつ仕事の合間に整理を進め、コンセントを増設したりしながら事務所としての使い勝手を改善して行きました。

夏前にには光回線でネットと電話を引き、冷蔵庫を置いて冷たい飲み物が出せる様になり(笑)、大家さんの荷物も奥の方へ整理して、元々有った棚に部品を仕舞って有る程度は整理出来ました。

夏も鉄板一枚の屋根が焼けて暑くて参りましたが、冬場はもっと深刻な問題がありました。
何せイナバ物置なので、入り口を閉める扉がシャッターですから営業中に閉める訳には行かず、かといって開けたままでは寒くて事務仕事などとても出来ませんし、オイル交換などでお待ち頂くお客様が寒さから逃れられる場所も有りません。

扉を製作中。 汎用のレールで扉は吊り下げ式に。
と言う訳で、閉めても外の様子が伺える「扉」は絶対に必要なので、秋口の朝晩が肌寒く感じられ始めた頃から準備を始めて扉を製作、何とか冬本番前に許せるレベルの仕上がりにする事が出来ました。

最初はノンビリ作るのも時間的にしんどいので、中古のアルミサッシを買って付ける事も考えましたが、そうそうこんな用途にピッタリな寸法の物は無いですし、洒落た物はとっても高いので、結局は近所のカインズホームで材料を買って来て1から製作しました。

下にレールを設置するのは邪魔ですし構造的にも作り辛かったので、汎用の吊り戸用レールを買って、吊り下げ式の引き戸にしました。
なるべく開口部が大きくなる様に開く扉を大きく作り、後はそれと物置に合わせて現物合わせです。良く言えばオーダーメイド?(笑)

窓も入って扉完成!
扉が出来上がったらニスを塗り、窓を入れて完成!
窓はガラス製だとすぐ傍で工作するので破損が心配ですし取り付けも面倒なので、PET素材の板を枠にビス留めしただけとしました。
ミリ単位で寸法指定して買える所が有ったので、届いたらビス穴を開けるだけの簡単取り付けで助かりました。切り口も綺麗ですし。
アクリルより安く衝撃に強く、塩ビより耐久性に優れる筈ですが、何年持ってくれるでしょうか?

お客様用の待機スペースを確保。 電球色で少しでも温かみを…
その後、事務所内を整理して何とか場所を空け、お客様用の椅子とテーブルを中に置いて待機スペースとしました。
薄暗いのでテーブルの上には頂き物の照明を設置して、少しでも雰囲気良く・・・。(笑)

その後扉に隙間風の対策を施して現在に至ります。
扉がまずまず満足なレベルに仕上がったら、今度は元々のイナバ物置の隙間風と断熱性の無さが気になり出しました。

真冬にご来店のお客様、一般家庭の様にポカポカ暖かいレベルではありませんので、くれぐれも暖かい服装でご来店下さいませ。(苦笑



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。