Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
ここ最近のウォークスルーバン
さて、独立開業のレポートがひと段落しましたので、何時ものカーキチ日記に戻ります。(笑)
今回はここ最近のウォークスルーバンについて。

T-1(黄色い’75ビートル)は相変わらず不動状態なので、ここ数年ウォークスルーバンにはファーストカーとして頑張って貰っています。 有り難い事に、独立開業に向けて忙しい間は殆どノントラブルで働いてくれました。
もちろんコツコツ直して調子を整えてあったからなのですが、開業前の数ヶ月間は本当に乗りっ放しでしたから、これは本当に助かりました。

独立開業しまして、時間だけは(笑)自分の自由に使える身分になりましたので、ウォークスルーバンも後回しになっていた作業などを仕事の合間にやっています。

10年位は使えました。
まず最初に、ミラパルコに新品で取り付けて以来ずっと使い回しだったミッションマウントが寿命を迎えたので交換しました。
ゴムの弾力でミッションを浮かせて振動を逃がす構造ですが、ゴムが切れて着地してしまっていました。
ここのマウントだけは中途半端に現代的な構造なのでエンジンマウントより大分ヘタリが早いですが、それでも10年使えましたから弱点と言う程では無いですね。

ワーゲン用です。 簡単には付きません。 レア商品? ウインクミラー専用サンバイザー。
続いては「お遊び」でド派手なペダルラバーと、レア物?のウインクミラー用バイザーを装着。

このピンク色のペダルラバーは、見ての通りワーゲン用のアクセサリーです。
自分のT-1にコレはNGですが、ウォークスルーバンにはOKなのです。 この感覚、判って頂けますか?
すんなり付いている様に見えますが、いざ付けようと思ったらペダル踏面のサイズがワーゲンよりかなり小さく薄いので簡単に外れてしまい使えずに暫く放置になってしまい、買って1年くらい経ってやっと取り付ける事が出来ました。
ミラ用のペダルラバーを地道に削って踏面をワーゲンサイズに変換するアダプターを作り、それにこのペダルラバーを被せる事で運転してもズレたり外れたりしない様にしました。
買ってしまったので意地で頑張って付けましたが、こんなに面倒だと判っていたら買わなかったかも。(笑)

珍しいウインクミラー用のバイザーもワーゲンの部品屋さんで買った物で、倉庫整理で出てきたデッドストック品だそうです。
アメリカンな作りなので現物合わせでバイザー部分に穴開けが必要だったり、これも思いの外に面倒でした。(笑)


その後はポイントギャップの狂いやキャブの汚れで多少調子が崩れる事は有りつつも軽いメンテナンスで乗れていましたが、先日買出しに行こうと乗り込んだら、雨上がりでもないのに足元のマットが濡れていました。
よく見るとヒーターユニットの下から水が滴っています。 遂にヒーターコアがパンクした様です。

このブログを初期からご覧頂いている奇特な方(失礼)なら思い出すかもしれませんが、このヒーターは車を入手した時点で汚れが詰まって暖まらない状態でした。
今まで外す事もなく水を流し込んで清掃しただけで使い続けていましたから、あれから約8年も良く持ち応えてくれたと思うべきですし、出先で漏れ出さなかったのも幸運ですね。
しかも今まで部品取りしたL70達のストックが有りますから、直ぐ交換作業に取りかかれます。(笑)

ヒーターユニット取外し完了。
唯一の足車がこんな状態では業務にも支障が出かねませんし、幸い工場も場所が開けられたので、急遽ウォークスルーバンを工場に入れてヒーターユニット交換を開始しました。 (買出しは近所なので、ヒーター下に雑巾を敷いて行って来ました笑)

ベース車のミラよりダッシュボードの位置が高い事もあり、邪魔になるセンターの噴出し口やラジオ、ヒーターコントロールパネルを外す事で、ダッシュ自体は外さずにヒーターユニットを取り出す事が出来ました。

ヒーターコアの漏れ点検OK。
予備のヒーターユニットは念の為に分解して、ヒーターコアの漏れ点検と洗浄をしてから取り付けました。
横着してそのまま付けて、いきなり漏れてしまったらガッカリですし、やり直しでは点検して付けるよりタイムロスですからね。

修理完了! これらも外したついでに交換。
と言う訳で、午後から始めましたが何とか当日の終業時間ギリギリで修理完了する事が出来ました。
外したついでに、前から気になっていたチューニングノブの折れたラジオと、日焼けの目立つヒーターコントロールパネルも元より程度の良い予備に交換し、錆の目立っていたヒーター周りの金具も黒くペイントしてから組みました。
作業時間の1/3位をその辺の「美化」作業に要した気がしなくも無いですが、まぁ、誰にも怒られないから良いのです!(笑



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。