Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
盆休みはモンキー三昧
今年の盆休みは旅行等の予定を入れていなかったので、
帰省を兼ねて?、実家の作業小屋に通いモンキーの製作を進めました。

作業一日目、まずは小屋の環境を整える所から開始。

ウォークスルーのエンジンO/H関連の部品や工具を整理して作業スペースを確保、
透明ポリカなので夏の日差し直撃の屋根(苦笑)に、ダンプラをカットした日除けを装着、
さらに使っていない扇風機を持ち込んで、小屋を「お盆モンキー仕様」にしました。(笑

まずは「Last Fort」さんにてパウダーコートしてもらったホイールにタイヤを組付け。
パウダー前のホイールは内面がかなりサビていた為に、
それがタイヤとチューブに付着し汚いので丁寧に清掃してから組みました。

ラメシルバーが良い感じ♪ ラメシルバー♪

ホイールは「ラメシルバー」と言う名の色です。
名前はド派手そうな感じがしますが(笑)、実際は良い色なんです。
粒子が粗いシルバーなので明るい所はギラっと光りますが、
影の部分は黒っぽく見えるので派手過ぎず、メリハリが効いた感じが気に入ってます。

フロントは中華ディスクKITのハブ、リヤは純正のドラムを組付け。
リヤのドラムは白塗装だったのでサンドブラストで塗装を剥離、
そのままでは汚れの付着が大変目立つのでスコッチブライトで表面を擦って
半ツヤ仕上げにしてみた所、ホイールのシルバーとマッチして中々良い感じに♪

そんな事をしているうちに一日目は終了・・・


二日目、R'sにてハンドル周りの仕込み。

元々Yazziモンキーはタケガワのフォークを組んでいましたが、
当時は純正の折り畳みハンドルを廃して普通のバーハンドルを付けるキットしか無く、
自分も当然の様にバーハンドルへ交換して乗っていたのですが、
今回どうしてもノーマルの折り畳みハンドルを付けたいと思ったので、
バーハンドル用のトップブリッジにノーマルハンドルを付ける加工をしました。

折り畳みハンドル用に加工。 ナットの逃げが手間でした。
アルミのトップブリッジは肉厚が有るので、ノーマルのハンドルホルダー
を固定するナットが裏面に埋まる様に肉抜きをせねばならず、
その加工に手間がかかり加工だけて午前が過ぎてしまいました。
でも、ここは難関の一つだろうと思っていたので、上手く仕上がって一安心。

午後に入ってハンドルホルダーとハンドルバーの磨きにハマッたりしていたら、
あっと言う間に時間が過ぎて二日目の作業時間は終了~(苦笑


三日目、出来上がったトップブリッジを持って実家へ。

まずはフォーク、三叉、フロントハブ・タイヤを仮組みして、
一番の心配の種だった中華ディスクとタケガワフォークの相性をチェック。
異なる社外メーカーの組み合わせな上に、一方は怪しい輸入品なので(笑)、
別のディスク用ハブを用意しないと組めない事態も有り得ると思っていましたが、
フォークの出っ張りを少し削って、ワッシャでハブの左右位置を調整すれば
タイヤがフォークの真ん中に納まる事が判り、ホッと一安心。

ただ、自作する予定のキャリパーサポートは取り付けにオフセットが必要で、
一枚板を切り出しただけの形状ではダメな事が判明、これは今後の課題・・・。

この日はフォークの干渉箇所を削り、丁度良い厚みのワッシャを用意して
現物合わせでのキャリパーサポート製作に備えました。

続いてパウダーコートしたフレームを持ち出して、スイングアームと三叉を仮組み。

足回りの組付け具合をチェック。
三叉のベアリングは新品を組んだのですが、部品の手配で失敗がありました。
純正では自転車の様なボールと受け皿を使ったベアリングを使う所を
テーパーローラー式に変えて、剛性、耐久性を上げる事が出来る
特殊サイズのベアリングがチューニング用に売られているのですが、
本家の日本製はお値段が良いのでダメ元でコピー品の輸入物を買った所、
これが酷い代物で使い物にならず、大慌てで日本製を買い直して
ギリギリで連休前に品物の手配が間に合ったのでした。(爆

と、ココまででこの日はタイムリミット。
この日は途中から、仕事帰りに立ち寄った柊さんに見守られながらの作業でした。(笑


四日目、仮組みをさらに進めます。

いきなり本組みを始めて大問題が発生すると困るし(多分そんな事は無いですが)、
何よりも完成するとどんな感じになるのか早く見たかったので、
足回り、タイヤを組付け、ついでにタンクとシートも載せて
完成した姿をイメージ出来そうな所まで組立ててみました。

仮組みで完成イメージを確認♪
こんな感じです。
大体は頭の中でイメージした通りの姿に仕上がりそうです。
8インチに合わせて短く組む為にトップブリッジより上へ突き出したフォークを、
純正ハンドルが上手く避けているのがお分かり頂けるかと思います♪
バーハンドルだと当たってしまうので、以前はハンドルを後へオフセットする
ハンドルクランプを使っていたのですが、ハンドルが近過ぎるので前へ倒すと
グリップの両端が上を向いたヤンキー風(笑)になってしまいカッコ悪かったのです。
純正ハンドルは一旦前へ伸びてから立ち上がる形状なので、その点でも優秀です♪

フォークもスイングアームも伸びているのでチョット間延びした感はありますが、
これでも短いアームを選んで、間抜けにならない様に当時なりに頑張った仕様です。
当時は8インチ用の短い足回り強化パーツが殆ど無かったので仕方ありませんでした。

最近は純正ハンドルがボルトオン出来て8インチ向けに全長も短いフォーク、
ノーマル長やチョットだけ長いアルミスイングアーム等、色々有るので良い時代になりましたね~。
もっとも、今となっては高くて手が出ませんが・・・(苦笑

関連記事
コメント
この記事へのコメント
残念ですが、工房はエアコン無しですよ・・・
ただ、完全な家の中なので
夏の日差しはあまり関係ありませんけど(笑)
2010/09/03(金) 19:01:06 | URL | しょくにん #-[ 編集]
って事は
モンキー作りとほぼ同条件ですか。(笑
こう暑いと休日は字の如く休まないと体が持たないから捗りませんね。(苦笑
2010/09/05(日) 12:04:58 | URL | Yazzi #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。