Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
サイレンサー修理
やっとT-1の作業に手が付きました。

が、今からハルテックの換装を大臣カップ前に仕上げるのはとても無理ですし、
ウォークスルーと車検の時期をずらす目的もこの位間が空けばまあOK、
ワーゲンに乗れない事も辛くなってきたので、車検対策をして車検を取得し大臣カップに出場、
その後間を見て残りの作業を進めるマイペース作戦に変更しました。(苦笑

と言う事で、まずは爆音で車検に受かりそうも無いマフラーの修理から着手。

分解完了。
タイコの縁がカシメではなく溶接で組立ててあるサイレンサーなので、
溶接をサンダーで削り落とし、内部の隔壁とパンチングパイプの溶接も
削り取る事で、外筒と前後の蓋の三つに分解出来ました。
再度組み上げ可能な様に分解出来るか不安もあったので一安心です。

内部はやはりパンチングパイプに巻かれたグラスウールがバラけて外れ、
パンチングパイプにはステンレスウールだけが残っている状態でした。
これでは入口側のパイプから出口側のパイプへ排気と音圧がほぼ直接
通り抜けてしまい、うるさいのも当然です。

パンチングに溶接増し。
内部のススやグラスウールのカスを取り除き、パンチングパイプに残った
ステンレスウールも取り除いて、まずはビビリ音の出そうな所に溶接増し。
鉄板の重なる部分の溶接固定が少なめだったので、後々になって鉄板が打ち合う
ビビリ音が出る事を嫌っての施工です。これだけ溶接しておけばまず大丈夫でしょう。
内部の溶接は見えない所なので楽に施工できる半自動溶接で。(笑

隔壁を追加。
次に内部へステンレス板の隔壁を追加。
入口側と出口側のパンチングを仕切って音圧と排気ガスが
グラスウールを通り抜ける流れを防ぐ事が狙いです。
排気が通り抜けない方がグラスウールも多少は長持ちしそうですし。
組み立ての都合上、完全に仕切る事は出来ませんが、無いよりは良いでしょう。

グラスウールを入れて・・・
新しいグラスウールをパンチングパイプに装着して組み立てます。
このグラスウール、最初からステンレスウール、グラスウールがパイプ状に
巻いて整形された具合の良さそうな製品だったのですが、
このマフラーのパンチングパイプには若干内径が小さくて、どう頑張っても
そのまま装着する事が出来ず、泣く泣く巻きを解いて巻き直しました(苦笑
後で巻きが解けてしまうのが心配ですが、目一杯きつく巻いて何とかサイレンサー
に収まる位のボリュームなので、当分は大丈夫でしょう。

このグラスウールパイプ、サイレンサー用として素材を選んで作られた製品らしいので、
ピッタリ装着出来るマフラーには大変具合が良いと思います。たぶん。(笑

TIGでフタして完了!
TIGで蓋を閉じて完成!
肝心の音量は、正直期待した程は静かになりませんでした(苦笑
同じマフラーの現行型が付いている車両と同程度の音量にはなったので、まあ成功でしょうけど。

容量の小さなサイレンサーだし、内部でUターンしている以外はストレート構造なので仕方ありませんね。
コレがまたダメになったら、次は自作マフラーですかね。
既製品には気に入った形と値段の物が見当たらないので・・・
関連記事
コメント
この記事へのコメント
おお!?
タイコの修理&壁追加
人事じゃないので期待していたんですが・・
効きそうで効かないんですね(笑

思い切ったコトしないと解決しないですかね~。音問題
2010/04/24(土) 23:21:12 | URL | Kita #-[ 編集]
イマイチでした
やっぱり元々の容量不足は小細工じゃフォロー出来ないみたい。
明日車検なんだけど、見逃して(聞き逃して)もらえるか?(笑
2010/04/25(日) 09:55:31 | URL | Yazzi #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。