Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
プーリー裏のオイル漏れ点検修理
続いての作業は、クランクプーリー裏からのオイル漏れ点検です。

エンジンを組んだ時にサンドシール加工をしておいたのですが、
何故か全開走行するとプーリー裏からオイルを吹いてしまっており、
組んだばかりのキレイなエンジンがオイルで汚れて台無しでした。

シールは異常なし。
手前のチンを外してプーリーを取り外し。
どうやらシールは無事でちゃんと付いている様です。
と言うことは、プーリー側に問題が?

プーリーは純正をベースに、ケースへ入り込む部分を
オイルシールに合わせて旋盤加工し外径を合わせた物でしたが、
改めてシールのリップ部分の内径との関係を確認した所、
シールに当たってはいるものの、ちょっと径を小さく切り過ぎて
当たりが弱く、シールの性能を出し切れていなかった様です。

残念ながら切り過ぎた純正プーリーは直らないので、
別のプーリーでシール対応のプーリーを作り直して取り付ける事に。

旋盤で加工。
バーグの「ストックサイズであまり重くないやつ」しか
手持ちが無かったので、それを旋盤にセットして加工。
リップをほぼ目一杯押し広げる位の寸法で仕上げてみました。

純正はジャンクですね(苦笑
新旧プーリーの比較。
画像でも良く見ると径の違いが分かりますね。
これじゃあ漏れるのも無理ないです。(苦笑

切り過ぎた純正は油掻きの溝が無いからノーマルにも使えません。
捨てるのも何なので、メタル合わせ用にでも使いましょうかね・・・。

クーラープーリーも加工。
バーグプーリーは、純正よりもプーリーボルトの当たる面が2ミリ程高いので、
そのままクーラープーリーを重ねるとクーラーのベルトラインが狂ってしまう為、
クーラープーリー側を2ミリ切って対処しました。
ズレ止めのピンも穴位置がチョット合わなくてバーグプーリーの穴に
入らないので、少し削って上手く嵌るように加工。

オイル漏れ対策だけなら、これで組み上げて完了ですが、
まだやる事があるので加工が済んだプーリーは置いておき作業続行です。

・・・次の作業につづく。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
プーリーを旋盤加工しちゃうとは
マニアック…さすが(笑)

お盆休みは、車イジリですか?
おでかけ、ですか?
2009/08/12(水) 12:45:42 | URL | 柊[hiiragi] #-[ 編集]
旋盤
旋盤を使った方が、早く簡単に精度良く仕上がる事が多いので必需品です♪

休み中は実家の小屋にこもるかもしれません(笑
2009/08/12(水) 23:37:31 | URL | Yazzi #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。