Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
タイロッドエンド交換
先日の休みに(も)、Yazzi号T-1の修理等を色々とやりました。

まずはリフトアップして足回りのガタをチェック。
数日前から舗装の荒れを通過する度にプルプルと妙な振動が発生しており、
危なっかしいので近場のドライブ以外には乗らずにいたのです。

ガタガタ!(汗
先日の大改修?でドロップスピンドルをCBのキャスト製から
純正溶接加工タイプに変更したので、
ジョイント周りのネジでも緩んだのか?と思ったらさにあらず。
右外側のタイロッドエンドがガタガタになってました(汗

大改修時、ついでにタイロッドをメンテした時は全くガタがなかったのに、
今は物凄いガタです。なぜ短期間でこれほど痛んだのだろう?

とにかく交換しないと危険なので、まずは部品庫に行って中古のエンド探し。

ホントは純正が付けたい!
上はダメになった純正品で、下が交換用に用意した物です。
残念ながら部品庫には同じものが無かったので、仕方なく工場の隅に
投げられていた(笑)、ブーツが切れて錆も少々ある社外品を使う事に。

社外品は動きが渋くて、何箇所も同時に付けるとハンドルが重くなり、
カーブを曲がった後でハンドルを放しても、自然にはセンターに戻らず
そのまま曲がり続けてしまう様な代物が殆どです。

今回使うエンドは中古なので何とか手で動かせる程度の渋さですが、
(新品は手ではビクともしません・笑)満足できるレベルでは無いし、
渋さを解消するアイデアをテストしてみたかったので手を入れてから使う事に。

やり過ぎた!?(汗
中古のエンドをよ~く洗浄してから、万力に固定してジョイント部分を
バーナーで慎重に加熱。熱でボールを包んでいる樹脂を微妙に溶かして
適度な緩さにしてやろう、と言う作戦です。

ジョイントの周りを4往復くらい炙ったら、樹脂が溶けてハミ出て来ました!
・・・これは炙り過ぎたか!?(苦笑
何とか持てる温度まで冷まして動きを確認したら、チョット緩すぎな感じ(泣
他に代えは無く、コレを使うしか無いのでガッカリ・・・

ハミ出しをカット。
気を取り直して作業続行。
ハミ出た樹脂が動きを邪魔するので、カッターで切除。
・・・あれ?いつの間にか、渋さが丁度良い感じになっている!
完全に冷めたら外側が縮んで、程良く絞まってくれた様です♪

ネジに割りピンを通す穴が無いのでボール盤で穴を追加、グリスアップして、
ダメになったジョイントのブーツを移植(笑)して車両に取り付け。
テスト的な施工なので、すぐダメになったらココでご報告します。

一方、ガタの出た純正品のグリスを洗い流して点検した所、
中の樹脂が劣化で崩壊し無くなっていました。
これで突然ガタガタになった事にも納得出来ましたが、
これはボールジョイントにも耐用年数がある事を意味しますから、
まだ換えていない他のジョイントに不安を抱える結果となりました。(苦笑

まぁ、樹脂が崩れてもすぐジョイントが抜ける心配は無いので、
ダメになったらその都度交換する事にして、エンド交換は完了としました。

・・・次の作業につづく

関連記事
コメント
この記事へのコメント
こないだのコソ練の帰り、同じ状況になりました。
行きは問題なかったのに帰りで右フロントのガタに気付き、路肩でチェックしてみるとまさしくボールジョイントが…
縁石に激しくアタックし過ぎた模様(^^;

次回メンテ決定です。
2009/08/06(木) 14:46:49 | URL | まんぞう #-[ 編集]
まさしく
同じですね。(苦笑

太いタイヤでノーマルより外にオフセットしたホイールを合わせている上に、
足を固めて縁石を攻めたりしているのだから、良く今まで大丈夫だったと思うべきですね(笑
2009/08/07(金) 10:04:26 | URL | Yazzi #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。