Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
クーラー復活♪
前回までの作業で、暫くはフロントビームを触らなくても大丈夫な
状態になったので、やっとクーラーコンデンサーを付けました。

自分の車はコンデンサー取り付けがちょっとやり辛い構造になっており、
真空引きにもしっかり時間を取りたかったので土曜の休日を利用して作業。

とは言ってもコンデンサー取付けだけに丸一日は必要無いので、
まずはバルブクリアランス調整から作業を始めました。
エンジンのロッカー周りに当たりが付いてバルブクリアランスが広がり、
タペット音がだいぶうるさくなって来ていたので。

外さないと全然ムリ(苦笑
この車、マフラーにジェフリーズのforストリート改を付けているので、
右のバルブカバーを外してのメンテはマフラーを外さないと出来ません(汗

サイレンサーだけ外してみました♪
バルブスプリングを慣らし用のノーマルからデュアルに交換した時は
フランジ部分からそっくり外したのですが、A/Fセンサーの配線を
外したりするのがけっこう面倒だったので、今回はサイレンサーとエキパイが
差込み式の接続になっている部分で切り離し、サイレンサーのみ取り外し。
差込み部が固着しない様に養生して組んでおけば、コッチの方が楽ですね♪

ロッカー周りは普通な感じ(笑
これがエンジン製作記事では画像が無かったロッカー周りです(笑
純正1.25ロッカーなので見た目は地味ですね。

強化ロッカーシャフト中央のカラーが鉄製の物をチョイスして、
左右に動かない様にイモネジを追加してるのがポイントかな?
あともう一点、両端にネジで留まっている抜け止めワッシャーを
付属の薄っぺらい安物から肉厚な黒染め45Cに交換してます♪

プッシュロッドはエンジン製作時に作業時間が限られていたので
迷い無く組めるクロモリを組んであるのですが、このエンジンの仕様には
合わない様なので、早めにアルミ強化タイプに交換したいと思っています。

今回はとりあえずバルクリ調整のみで完了としましたが・・・

入魂ワンオフのシュラウドです!
さて、いよいよ本題のクーラーコンデンサー取り付けです。

ユニクラのクーラーキットを使っているのですが、キット付属の
ファンシュラウドでは頑張ってもFビーム下端と同じ位の高さ
でしかコンデンサーを付けられないので、大変な苦労の末に
作り上げたワンオフのファンシュラウドと組み合わせています。

何度も何度も車にコンデンサーをあてがってコアを支える枠の形を
割り出し、同様にしてファンの取り付け位置を決めてステーを付け、
それにトタン板を張り込んでシュラウドとした労作。

この車の数あるワンオフパーツの中でも最も手間がかかっています!(笑
キット付属のシュラウドはコアの一部しか覆いませんが、コレはコア全面を
覆ってファンの風を流しますから効率も良いと思います♪

Fビームより高く付きます♪
苦労の末、Fビームより高い位置にマウントする事に成功しています♪
ステアリングギアボックスにコアが当たるので、物理的にこれが限界。

この下にリンク式のスタビを通す事で、強化スタビと
クーラーコンデンサーの同時装着を可能にしました。

しかもガード付き!
サーキット走行を前提に作っているので、コンデンサーの前には
肉厚のあるLアングル製のガードも付きます。

これでグラベルを突っ切るくらいは大丈夫?(笑

レイアウトには苦労しました。
横からみるとこんな感じ。ビームとエプロンの隙間へ一杯まで押し込んでます。
配管の取り出し部の安全を考え、コアは上下逆に装着。

寒い!♪(笑
そして完成♪
大きな車にも付けられる様に作られている汎用クーラーなので、
寒いくらい良く効きますよ。

今後は窓の曇り取り用の「除湿モード」を追加する予定です♪

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。