Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
VWエンジン製作 ~本組み編1~
いよいよケースに各パーツを組み始めます!

まずはメインメタルのメタル合わせ。
メインメタルとクランクだけをケースに組み込み、
プーリーを挿してクルクル回転させて再び分解。
メタルにクランクと摺れた跡が付いているので
その部分を摺り落とし、再び組み付けてクルクル・・・

これを引っかかり無くスムーズに回る様になるまで繰り返します。
状態の良いケースとクランクなら簡単に終わる行程なのですが、
今回はクランクのジャーナルサイズに問題があるので難航(汗
何十回もケースの開け閉めを繰り返す羽目に・・・

ジャンボリーが迫る中、結局これに数日を費やす事に。
焦っていたので写真を撮る余裕もありませんでした(苦笑

同時進行で途中からカムを組み込んでカムメタルも点検、
こちらはスラスト方向がややキツイのを修正するのみで完了。

次にクランクを万力に固定し、ロッドを組み付けて
ロッドメタルのメタル合わせ・・・なのですが、
最初からクルクルと軽~く回転したのでメタル合わせの必要無し。
オイルの粘性でしっとり回るくらいのクリアランスが
望ましいと思うのですが、それより緩い感じ・・・
しかし問題がある程では無いので我慢する事にしました。

お次はショートブロックを本組みして、ピストン、シリンダーを仮組み、
自作のデッキハイト測定用ダミーヘッドを取り付けてデッキハイト測定♪
市販の物は1気筒しか押さえられず不便なので、二気筒分のサイズです♪

ピストン切っちゃえ!
ケースの加工精度の都合上、どうしても左右のバンクで
デッキハイトが違ってしまうので、ハイトの少ない方の
ピストンを旋盤で切ってデッキハイトを揃えます。

一見大げさな作業に見えますが、重いピストンを選んで切る事で
後のピストン重量合わせが楽になり、作業が捗り一石二鳥なんです♪
だから重量測定の時点では重量合わせをしなかったのです。
初めてやってみたらチョット切り過ぎちゃいましたが(爆

バルタイは良く判りません(笑
続いてバルブタイミングの測定、調整です。
ピストンの上死点を出さないとクランク角が分からないので
デッキハイト測定を先に行い、上死点を調べてマーカーをセット済み♪

Holicさんはココにかなりの時間を割くのですが、
自分はまだバルタイについて良く判っていないので(苦笑)、
カムギアに付いてきた3種類の調整ワッシャをとっかえひっかえ
4パターンくらいタイミング測定して、最もカムカードに近いタイミングの
出る組み合わせで組んでサクサクと終了。時間も無い事ですし(笑

パウダーキタ~~!!♪
そんなこんな作業している間に、パウダーコーティングに出していた
カバー類が「Last Fort」さんから届きました♪
なんと1週間そこそこの超スピード仕上げ!ホント助かりました!

色は一緒に出したHolicさんのカバーとおそろの明るめなグレー。
ホントはもう少し濃い「工作機械みたいなグレー」が本命でしたが(笑)、
それほど色に拘りがある訳でも無いですし、偶然Holicさんもグレーが
希望だったので、同じ色の方が仕上がりも早いだろうと思いまして。

なぜグレーかと言いますと、黒だとホコリや汚れが目立つ上に
エンジン裏の狭い所などが暗くなって見づらいし、
かといって明るく派手な色は恥ずかしい(笑)からです。
あと、KitaさんのT-1がグレーだったのを見て、
良いな~と思ってたんですよね(笑

さて、エンジン製作もあと一息!
焦っていたせいで画像も少ないので(苦笑)次回で完結予定です♪
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。