Yazziさんのカーキチ日記
車をいじり倒すのが好きなら楽しめるかも。気が向いたらの投稿なので、気が向いたら来て下さい(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 |
工場を移転しました。
またまた長期のご無沙汰になってしまいました。<(_ _)>

既にご存知の方も多いかと思いますが、今年の初めに garae After You は工場を移転せざるを得ない大ピンチに見舞われました。
その時点で開業して1年未満でしたから、「じゃあ工場を建てちゃおう!」などと言える筈も無く、
好条件な移転先が見つけられなければ「閉業も止む無し」な状況でした。

当初は精神的に打ちのめされ仕事に向かう気力を絞り出すのも困難でしたが、
ご依頼頂いているお客様に迷惑がかかるのは確実でしたので、順次連絡を取り事情を伝えて今後の方針を相談しました。
そうする事で、励ましの言葉を頂く事も出来、再起へ向かう気力を取り戻す事が出来ました!

さて、一刻も早く移転先を見つけなければなりませんが、仕事も完全に止める事は出来ません。
なりふり構っている場合ではありせんので、家族や仲間のつても総動員で情報を募り、あらゆる可能性を考えて存続を模索しました。

ハーネス交換 After♪
仕事の合間を見ては、集めて頂いた情報、自分で調べた情報を元に閉業された整備工場などを訪ね歩きますが、
そう簡単に適した物件が見つかる筈もなく、仕事と物件探しを交互に行う日々が暫く続きました。

そして幸運な事に、すぐ近所にとても好条件な物件が見つかりました!
そこは、開業前から「ちょうど良さそうな物件が有るけど、良過ぎて手が届かないな」と思っていた場所でした。
まさかの出来過ぎた現実に「一生続けたいのだろう? ならば、腹を括って此処に移りなさい。」と言われた様な気がしました。。。

新工場です!
古い物件なのでそのまま使える状況ではありませんでしたが、これも家族の知人で建築関係の方に助けられ、
使い勝手を考えつつも最小限の工事で済む方法を相談して、綺麗に、しかも超特急で改装して頂く事が出来ました。
もちろん、自力で可能な部分は出来るだけ自分で行いました。むしろ楽しみな事ですから。(笑)

末永くこの仕事を続けて行く為、将来的にはある程度の工場を持つ事が必要だと思ってはいましたが、
まさかこんなに早く、こんなに好条件で実現しようとは夢にも思っていませんでした。
自分でも努力はしましたが、この結果はその殆どが騒動の最中に応援、協力して下さった皆様の力によるものです。

本当に、本当に、ありがとうございました!


スポンサーサイト
事務所の快適化計画
今回は開店からコツコツと整えて来た、After Youの事務所についてです。

イナバ物置が建物の一部になっています。 事務机は元から有りました。
上の画像は、工場を借り受ける前の下見で撮った、現在事務所(兼部品庫)として使っている場所です。
はい。イナバ物置なんです。(笑)

After Youを始める上で悩みの一つだったのが、事務仕事や接客対応を行う為の「部屋」をどう確保するか、でした。
工場は元々車庫として作られた建物を改築した物なので気密性が悪く、唯一そこそこの気密が期待出来るスペースがこの物置だったので、半ば成り行きで元々置いて有った机の周りを片付け事務仕事が出来る様にする所から事務所作りが始まりました。

開店直後。必要最低限だけ整理して…。
こちらは開店直後の様子。机の脇にエンジンコンプレッサー。(笑)
大家さんに机の中身を空にして貰って、数少ないコンセントから延長コードで電源を引いてPCや書類を置いただけ。
固定電話やネット回線も無く、電話はスマホだけ、ネットはスマホのテザリングで。
この状態から少しづつ仕事の合間に整理を進め、コンセントを増設したりしながら事務所としての使い勝手を改善して行きました。

夏前にには光回線でネットと電話を引き、冷蔵庫を置いて冷たい飲み物が出せる様になり(笑)、大家さんの荷物も奥の方へ整理して、元々有った棚に部品を仕舞って有る程度は整理出来ました。

夏も鉄板一枚の屋根が焼けて暑くて参りましたが、冬場はもっと深刻な問題がありました。
何せイナバ物置なので、入り口を閉める扉がシャッターですから営業中に閉める訳には行かず、かといって開けたままでは寒くて事務仕事などとても出来ませんし、オイル交換などでお待ち頂くお客様が寒さから逃れられる場所も有りません。

扉を製作中。 汎用のレールで扉は吊り下げ式に。
と言う訳で、閉めても外の様子が伺える「扉」は絶対に必要なので、秋口の朝晩が肌寒く感じられ始めた頃から準備を始めて扉を製作、何とか冬本番前に許せるレベルの仕上がりにする事が出来ました。

最初はノンビリ作るのも時間的にしんどいので、中古のアルミサッシを買って付ける事も考えましたが、そうそうこんな用途にピッタリな寸法の物は無いですし、洒落た物はとっても高いので、結局は近所のカインズホームで材料を買って来て1から製作しました。

下にレールを設置するのは邪魔ですし構造的にも作り辛かったので、汎用の吊り戸用レールを買って、吊り下げ式の引き戸にしました。
なるべく開口部が大きくなる様に開く扉を大きく作り、後はそれと物置に合わせて現物合わせです。良く言えばオーダーメイド?(笑)

窓も入って扉完成!
扉が出来上がったらニスを塗り、窓を入れて完成!
窓はガラス製だとすぐ傍で工作するので破損が心配ですし取り付けも面倒なので、PET素材の板を枠にビス留めしただけとしました。
ミリ単位で寸法指定して買える所が有ったので、届いたらビス穴を開けるだけの簡単取り付けで助かりました。切り口も綺麗ですし。
アクリルより安く衝撃に強く、塩ビより耐久性に優れる筈ですが、何年持ってくれるでしょうか?

お客様用の待機スペースを確保。 電球色で少しでも温かみを…
その後、事務所内を整理して何とか場所を空け、お客様用の椅子とテーブルを中に置いて待機スペースとしました。
薄暗いのでテーブルの上には頂き物の照明を設置して、少しでも雰囲気良く・・・。(笑)

その後扉に隙間風の対策を施して現在に至ります。
扉がまずまず満足なレベルに仕上がったら、今度は元々のイナバ物置の隙間風と断熱性の無さが気になり出しました。

真冬にご来店のお客様、一般家庭の様にポカポカ暖かいレベルではありませんので、くれぐれも暖かい服装でご来店下さいませ。(苦笑



工場の作業台を撤去
また投稿に間が空いてしまいました。(苦笑

前回「何時ものカーキチ日記に戻ります」と書いてみたものの、お陰様でAfter Youは切れ目無く仕事が頂けており、工場の不便な所の改修は時々仕事を止めて行っている状況なので、マイカーを弄ってブログのネタにする事はなかなか出来ませんね。
そんな訳で、自分にとっては工場を改修して行く事も「カーキチ日記」的なライフワークの一つですから、工場の使い勝手を良くする作業もネタとして投稿して行こうと思います。


と言う事で、今回は開業後に行った工場の改修で一番大騒ぎだった、「作業台の撤去」です。

借り受ける前はこんな状態でした。
こちらは工場を借り受ける前に下見した時の画像です。
現在車両整備を行っているスペースの南壁面にゴツくて長い鉄製の台が柱に溶接(!)で設置されており、作業台とボール盤・グラインダーの固定台を兼ねていました。
どれも有れば便利な物ではありますが、決して広くはない整備のスペースを狭くしている上に、台の下に鉄材を仕舞う為に付けられた突起が仕事をするのに危険で、ボール盤やグラインダーも脇にお客様の車両が有る状況では切子が飛ぶので使えません。
「不要な物ではないが、整備工場としてはこの場所に無い方が良い」のは明白ですので、仕事の合間に少しずつ準備を進めて撤去しました。

まずはボール盤とグラインダーを撤去。
まずはボール盤とグラインダーを取り外しました。
ボール盤、グラインダー共に別の物を頂ける目処が立っていたので、外した物は大家さんが仕事仲間に差し上げる事になり、軽トラで引き取りに来て頂いて積み込みを手伝いました。

これで作業台の取り外しに邪魔な物が無くなり、外した後の運び出し以外は一人で出来る状態になりましたので、仕事のキリが良いタイミングを見計らい、本格的に撤去の作業に取り掛かりました。
まずは、台の下に仕舞い込まれた大量の鉄材を人力で移動しましたが、一人で全部移した所、頑張り過ぎた様で腰痛が・・・(苦笑

柱への溶接部分を溶断。
痛む腰を労わりながら(笑)、柱に溶接されている部分を酸素で切断。
この作業台、自動車のフレーム修正器を分解した物だそうで、ご覧の通りとても長くて重いのです。
出来る事なら柱から切り離すついでに短く切って搬出を楽にしたい所でしたが、これも大家さんの仲間が使うので「長いままで外して欲しい」との要望が有り、切らずに長いまま搬出すると言う大騒ぎな作業になりました。(笑)

安物エンジンクレーンが役立ちました。
柱から外れたら、手持ちの激安エンジンクレーン(笑)で吊り上げ、ボルト留めの足を外して床に下ろしました。
一人で仕事をする上で何かと役立つだろうと買ったこのエンジンクレーン、怪しい安物ですがタイヤチェンジャーの設置でも活躍しましたので、もう元は取れましたね。(笑)

一方は台車に乗せて・・・
そして後日、搬出を手伝って頂ける仲間を募って日程を調整し、5人集まって頂ける事になり搬出を決行しました。
移動先は工場から30メートル程離れた大家さん家の庭ですが、大変重いので人力のみでこの距離を移動するの無理です。
また道路を移動しなければなりませんから、運び始めたら一気に大家さん家の敷地内に収めてしまわないと通行の邪魔になってしまいますが、搬入先の庭は砂利なので台車で転がして運ぶのでは庭に差し掛かった所で車輪が砂利に支えて立ち往生してしまいます・・・。

軽トラでポールトレーラー風に搬出!
そこで色々悩んだ末に思い付いたのが「ポールトレーラー作戦」です。(笑)
仲間が用意してくれた軽トラの荷台に一方の端を載せ、もう一方は台車に乗せて、落ちない様に皆で押さえながら軽トラで引っ張って運ぶのです。
これなら後ろの台車が庭の砂利に乗る寸前までは一気に運べますので、道路上で立ち往生して近所迷惑になる心配がありません。

慣れない事なので心配でしたが(荷台から落ちたりしたら事件です笑)、いざ移動を始めたら意外とスムーズに走ってくれて、庭の中の移動も台車に鉄板を敷いたり、人力で持ち上げて位置調整したりで、予想していた所要時間より早くスムーズに完了。
手こずって時間がかかる事も考え朝早くから集まって頂いた事もあり、退かしてあった鉄材の整理まで(腰がヤバいので笑)手伝って頂いても余裕で午前中に終わりました。

地元で有名なジャンボギョザー(笑) 炙り焼きチャーシューメン!
その後は皆で、地元で有名な中華の人気店「陽気軒」へ行って昼食、もちろん手伝いのお礼として全て自分持ちです!
謝礼にしては安いかと思いますが、これで精一杯なので勘弁して下さいね。(苦笑

当日手伝って下さった皆様、ありがとうございました!


開店準備 工場編 その4
garage After You は、先月末で開店から半年が経ちました。
これもご理解・ご協力頂いた皆様のお陰です。 本当にありがとうございます!

・・・さて、半年も前の事ですから、いい加減で開店準備ネタは今回で終わりにしましょう。(笑

この工場で整備の仕事をやる上で一番問題だったのが、電柱から電気を引いておらず、整備スペースに照明が一つも無い事でした。
経費節減と楽しみも兼ねて、なるべく自分の手で準備を進めてはいましたが、流石に電柱から電線を引き込む作業はプロに頼まなければなりませんので、開店時期がハッキリする前から下調べして準備を進めていました。

VW絡みで知り合いのテツオさんが電気工事士で、R'sでも度々お世話になっていましたので、無理なく出来る作業は自分でやる方向で相談した結果、ブレーカーを固定する板の製作・取付けと、電柱からの引込み線を受ける鉄柱を差し込む地面の穴掘りまで自分が作業し、後はテツオさんと東電に任せる段取りになりました。

ブレーカーの取付け台が完成。
まずは、余り物のコンパネをカットしてニスで仕上げ、工場の梁に板を受ける鉄骨を溶接で追加し板を固定、ブレーカーの取付け台としました。
もちろん位置や寸法は事前にテツオさんと打ち合わせ済み。

通称「抱きスコップ」で深さ1mほど掘ります。
続いて電柱からの引込み線を受ける鉄柱を地面に差し込む為の穴を掘ります。
立地の都合で電線が道路を跨ぐので電線に4m以上の高さが必要なのですが、道路ギリギリに建つ工場がそれより低いので、高さ4m以上の鉄柱を設置して、そこへ電線を受ける必要が有ると言う訳です。

穴の深さは1m以上必要なので、普通のスコップでは穴が大きくなり過ぎますし作業も大変過ぎますので、穴掘り専用の「抱きスコップ」なる専用器具を用意しました。
掘り始めは石が出て来てしまい先が思いやられましたが、更に掘ったら石は無くなり、意外とすんなり1mまで掘る事が出来ました。専用の道具は偉大です!(笑)

テツオさん以外はボランティアです。<(_ _)>
ここから先はテツオさんと東電の仕事です。
テツオさんに出張して貰い、鉄柱とブレーカーの設置工事をして頂きました。

鉄柱を立てる作業はテツオさん一人では無理なのですが、生憎テツオさんが都合の付く日に自分は仕事だったので、柊さんがボランティアに駆り出されて来て下さいました。<(_ _)>
噂を聞きつけたクルーさんも手伝い(見物?)に。(笑)
この日、自分は朝一の打ち合わせだけ顔を出し、後はテツオさん達に任せてR'sへ出勤しました。

脇に写っている黄色いビートルはAfter You最初の仕事となった「とうふパパ」の整備待ち車両。
この時既に、R'sからAfter Youへ移行する日程は確定しており、R'sから引き継ぐ事になった預かり車両数台をAfter Youへ移動した直後で、電気の開通が先か、After Youが始まるのが先か微妙なタイミングでした。

電柱と繋がりました♪ ブレーカーが付いて通電しました!
そして後日、東電の工事と検査が入り、ブレーカーまでの通電はAfter Youへの移行前に完了しました!

その後間も無く、R'sでの最後の仕事が仕上がると同時にAfter Youに引越しをして、R'sとの別れに感傷的になる暇も殆ど無いまま、この工場での日々をスタートする事となりました・・・。

器具を二個イチしてLED化。
電気は開通しましたが照明が無くては夜間の作業が出来ませんから、整備の仕事を始める前に照明を取り付ける事が絶対に必要でした。
焦っていい加減な工事で早く仕上げても、後でやり直しになっては却って時間の無駄になりますので、一刻も早く仕事を始めたい気持ちを抑え、一週間近くかけて出来るだけ満足出来る様に工夫しながら取付け工事を行いました。

照明器具は事前に蛍光灯器具の未使用品を格安で調達してあり、それをそのまま使う予定でしたが、何と同級生が職場で大量廃棄になった蛍光灯タイプのLED照明器具を大量に届けてくれたので、LEDと専用安定器を用意してあった器具に移植し、渋い工場はLED照明で稼動を始める事になりました。(笑)

明るい! これなら夜でも大丈夫!
そして遂に工事完了!
照明は全て、天井近くの壁際に斜め下を向けて取付けました。
天井へ均等に並べる一般的な取付けでは、結局手元が暗くて作業灯の補助が必要ですから。


こうして遂に、garage After You がスタートしました。
堀越モータースへ10年、R'sへは8年勤め、その当時は何となく「もし出来たらいいな」程度のボンヤリとしたイメージしか無かった「自分の小さな整備工場」が実現しました。

文面からも伝わるかと思いますが、R'sを止む無い形で去るのは悲しく切なく、でも自分の店が始まる事は嬉しく、独立する不安はとてつもなく大きく、とても複雑な心境の中で進めていた開店準備でした。

R's代表の堀さんと知り合う事が無ければ、仕事を頂ける沢山のワーゲン仲間の輪は無く、車を任せて頂けるだけの技術・ノウハウも身に付かず、自分でやってみようと思える度胸も付かず、独立出来る日は来なかったでしょう。

堀さん、大変お世話になり、ありがとうございました。

開店準備 工場編 その2
前回で鉄を切った貼った出来る所まで準備が出来た工場ですが、ここには車屋に有って当たり前の設備が有りませんでした。
そう、タイヤチェンジャーとホイールバランサーです。

上等な物は必要ありませんが、低グレード品でも新品は手が出ませんし、かと言ってアジア製の安物に手を出して失敗したら目もあてられません。
ネットオークション等で安く買えたとしても、大きく重い物なので輸送の問題も有ります。
丁度良い出物が見つかるまでは、昔勤めていた町内の「堀越モータース」に持ち込んでお願いするか、・・・などと考えていたら思い出しました!

かつて堀越モータースに勤めていた時に新しいチェンジャーとバランサーが導入され、古い機械は予備的に移設したものの殆ど使っていませんでした。
あの古いチェンジャー/バランサーがまだ有れば譲って貰えるかもしれない! でもあれから8年近く経っていますから・・・


自動車保険の更新等、時々顔を出す事が有るのでその時に工場を覗いてみたら、まだ有りました!
生憎その時は会長(自分が勤めていた時の社長)が不在だったので、譲って欲しい旨の伝言をお願いして帰りました。

翌日の朝に会長から電話が入り、「お前が独立すると聞いていたから、使うだろうと思って捨てずに取って置いたのさ。 具合が悪いけど直して使うのなら無料でいいよ。」との事! それはもう、嬉しくて感無量でした・・・
しかも運べない事を察して軽トラに積んで届けて頂けるとの事で、早速段取りを決めて運搬の手伝いに出掛けました!

積込みのお手伝い。
レッカー車のクレーンで吊り上げて軽トラに積込みました。
釣り上げる段取りや押して動かす力仕事は自分が作業して、クレーンは会長が操作。
もう堀越モータースを退職して8年くらい経ちますが、叱られながら仕事をしていた昔の感覚が蘇りました。(笑

After Youの工場まで自分が運転し、建物に備え付けのチェーンブロックで下ろしました。
その時も感謝の気持ちは言葉でしつこい位に伝えたつもりですが、会長、本当にありがとうございました!

エア漏れの修理。
運良く入手出来たチェンジャーですが、エア漏れが酷くなってお蔵入りした物ですので修理が必要です。
ターンテーブルのホイールチャックにエアを送る配管が刺さる樹脂部分にクラックが入り大量にエア漏れしていたので、ココは接着剤で補修してバッチリ直りましたが、問題はビードブレーカー。エア漏れが酷くて殆ど動かず使い物にならない状態です。

ビードブレーカーが動かないので分解。
構造を知らなかったので、もしゴム風船の様な物を使っていて破れていたら代用品を探すのが厄介だし、有っても高価だろうと思っていましたが、開けてみたらピストン式でシールのゴムリングが劣化しているだけでした。

工業用のシールで代用出来ました!
幸いに工業用エアシリンダーのシールに断面形状がピッタリの物が見つかり、周長を切り詰めるだけで使えました。
ターンテーブルを駆動するベルトも工業用を使って交換し、正常な作動が復活しました!
昔自分が使い込んだ機械が縁有って自分の始める店にやって来た事に、感慨深い心持ちになりました…。

設置完了!
修理と並行して設置場所の準備も行っていました。
工場の柱に溶接で取り付けられた収納棚とテーブルを酸素で切断して撤去し、スペースを確保した所に二つの機械を設置。
正面に有る青い簡易流し台は後に小細工して部品洗浄台にしましたが、なかなか使い勝手が良いです。(笑

とにかく予算が無いので手間と知恵で勝負です。
出来合いの物を買って済ませるより愛着が湧きますし、こう言う事が好きなので楽しみながら準備していました。(笑



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。